■ 若いうちに取っておけばよかった資格NO.1! 簿記

●簿記とは
【仕事内容】
簿記とは、会社の大きさや業種に関係なく、一定のルールに従って、
記録・計算・集計をする会計技術のことです。
会社内での生産や販売といった経営活動を数値でデータ化したり、
経営状態を把握するために不可欠な知識こそが簿記なのです。
簿記には「単式簿記」と「複式簿記」がありますが、簿記検定で勉強する簿記は「複式簿記」で、記帳項目が多いため、専門的な知識がなくては記帳することができません。
簿記検定には、経理専門学校生を対象とした「全経簿記検定」や商業高校生を対象とした
「全商簿記検定」がありますが、最もメジャーなのは商工会議所が行っている
「日商簿記検定」です。

【就職先】
簿記は、行政書士や司法書士といった士業と違って、独立開業をして仕事をするのではなく、主に企業内で活躍できる資格です。
経理部では、経費の精算や給料計算など。
管理部では、報告書、キャッシュフロー計算書などの書類作成。
そして営業部では、取引先の見積書確認やコスト計算など。
というように、簿記は経理部ではもちろんのこと、他の部署でも役立ちます。
そのため、就職や転職に有利に働くので、学生が就職のために簿記を取得したり、
産後の再就職のために取得するケースも多いようです。

【こんな人におすすめ!】
●企業の経理部や総務部に勤務している人
●履歴書の資格欄が寂しい人
●就職や転職を有利に進めたい人
●細かい計算が好きな人
●真面目な人
●柔軟性がある人

簿記の仕事は企業内でも大変重要な帳簿付けが主なので、正確さが求められます。
そのため、真面目でコツコツ型、細かい計算が好きな人に向いているでしょう。
また、履歴書の資格欄が寂しい人には、
あらゆる部署で活躍できる簿記の資格はおすすめですね。

●年収と将来性
【年収】
簿記は企業内で活躍できる資格なので、簿記を取得したからといって、
高い年収が期待できるというわけではありません

宅建同様、資格手当として給料+3000円~5000円程度が支給されますが、
これも企業の給与規定によります。
簿記の資格があることによる収入は、この程度だと思ってください。
資格そのもので年収アップは厳しいのですが、
資格を利用して年収を上げることは可能です。
簿記の知識があることによってコストが削減できたり、
また、会社の財政状態を読み取る知識が付くので、将来、起業を考えている人には
なくてはならない資格だといえます。
企業で働くのであれば、基本的に簿記2級の資格があれば十分ですが、
その上の簿記1級を取得すると、税理士や公認会計士への道も広がります。

【将来性】
「多くの企業では、給料計算や経費計算はパソコンで行う時代。
そんなときでも簿記の知識は必要なのですか?」という声をよく聞きます。
果たしてどうなのでしょうか。私の意見としては…、そんなことは一切ありません。
簿記はいつの時代も必要とされます。
いくらすべての業務をパソコンで行うとしても、簿記の知識がなければ、入力ができなかったり、ミスをしてしまったり…。今後も簿記ができる人のニーズは絶えることはないのです。

●合格率と難易度
【資格の種類】
資格は1級~3級までの3段階に分かれていますが、3級から挑戦するのが一般的です。
しかし、就職や転職に有利なのは2級以上なので、いきなり2級からスタートする人もいますが、3級の知識がないともちろん2級には合格できません。
3級と2級のレベルの差は大きいので、3級は受験しなくても、
テキストでの学習はやっておかなければいけません。
また、簿記のスペシャリストである1級は、税理士の受験資格のひとつにもなっており、
公認会計士や中小企業診断士などへの第一歩としても位置づけられています。

【合格率】


年度

受験者数

合格者数

合格率

平成31年2月

49,776

6,297

12.7%

平成30年年11月

49,516

7,276

14.7%

平成30年年6月

38,352

5,964

15.6%

平成30年2月

48,533

14,384

29.6%

平成29年11月

47,917

10,171

21.2%

平成29年6月

43,767

20,790

47.5%

簿記検定は年に3回行われます。
この簿記2級の合格率をみると、下は12.7%、上は47.5%とかなりばらつきがあるのが
わかると思います。
簿記は行政書士と同じ絶対評価(詳しい説明は「行政書士 合格率と難易度」を参考に)
なので、合格基準を超えていなければ合格はできません。
合格率のばらつきは、その年の試験問題の内容によります。
試験問題が難しいと合格率は下がり、逆に簡単だと合格率は上がるのです。
いくら合格率が40%以上だったとしても、年度によっては10%台の年もあるので、
油断をしてはいけません。
簿記3級は独学で取得できたとしても、2級以上はグンとレベルが上がるので、
通信教育や資格スクールなどで、しっかり学習をしなければ合格は厳しいといえます。

ちなみに私はフォーサイトを受講して、約3カ月間の学習期間で合格できました。
受講料はなんと9,800円~と低価格なので、ぜひどうぞ.
詳しくはこちらを⇒ http://boki-tsusin.com/

 ●試験概要
【受験資格】
とくにありません。

【試験日】
試験は年に3回。
毎年2月下旬、6月中旬、11月下旬に行われます。

【試験時間】
120分。試験開始時間は受験地により異なります。

【試験形式】
筆記(マークシート形式)。全8問以内。
空欄に当てはまる語句や数字を入れます。

【合格基準】
全体の70%以上。
簿記は、合格定員が決まっている検定試験ではなく、合格基準さえ満たせば、
受験者の成績順位に左右されることなく、誰でも合格できます。

【試験科目】

科目

出題数

商業簿記

3問以内

工業簿記

5問以内

合計

8問以内

試験の詳しい情報は…
商工会議所の検定試験
http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/

リンク集